参考情報

新しい情報が上
 東海第2廃炉のために
「東海第2原発20年延長をめぐる原発不経済性の末路と責任のたらい回し」/大石光伸(東海第2原発運転差止訴訟原告団共同代表)

2018年1月16日に、FoE Japan、原子力規制を監視する市民の会主催 「<集会&政府交渉>誰のための再稼働?東海第二原発」。UPLANの動画で視聴できます。
 トラブル情報
東海第2原発 核燃料棒データ誤り
「敦賀発電所 低レベル放射性廃棄物搬出設備の放射能測定プログラムの不具合について(続報)」(2018年01月31日 原電発表) 原電サイト
 同様のことが東海発電所(第二発電所)では無いのか、原電に確認したところ、「プログラムを作成した会社が違う。問題ないことを確認済み」とのことでした。(2月2日)
 同じプログラムを使用していて、同じ頃にトラブルが発見されたと見られる北陸電力志賀原発は、2月6日にニューシアに登録済みだ。しかし、原電は未登録(2月7日17時時点)だ。ニューシアに掲載せずに済ますつもりか。 北陸電力志賀原発のニューシア情報

原子力規制庁の緊急時対策支援システム(ERSS)への主排気筒の放射線モニタなどのデータ伝送が停止