(開設:2018年1月21日)
最終更新:2019年1月15日





東海第2原発差止訴訟団
 
口頭弁論 11月29日(木)終わりました。 ⇒準備書面
只野靖弁護士 「基準地震動」とは何か。新規制基準による地震動想定が3.11で観測された強振動パルスを再現できない旧いモデルで計算された過小な値であり、東海第二原発は、想定される最大規模の地震に耐えられないことを解明。
丸山幸司弁護士 周辺4km圏内の北と南に大型タンカーなどが往来する重要港湾に挟まれて存在しているという特異な原発。にも関らず、「津波で大型船舶が東海第二原発に漂流してくる事はない」とする日本原電の欺瞞を鋭く暴く。
 ☆次回 2019年2月14日 14:30

お知らせ 催し案内 参考情報 net情報 リンク
原告書面 原電書面 国側書面 参考文献
 
新着情報
1月13日、茨城県が東海村で開催した住民説明会。2時間半にわたる説明会を、質問中心に1時間の動画にまとめている。必見! 「県は本当に安全を考えているのか!」~東海第二原発で初の住民説明会(堀切さとみ)/レイバーネット
2019年   
1月15日 「お知らせ」に、茨城県が実施している住民説明会、パブコメについて掲載
1月6日 「催し案内」に、『原発避難計画の検証』著者 上岡直見講演会/土浦
 「東海第二原発に 緊急事態が起きたら 茨城県は? 首都圏は?」⇒詳細
2018年
12月30日 「net情報」に、FFTV 「東海第二原発・東電は原電の支援をしている場合なのか」/松久保肇さん(原子力資料情報室)12/27にライブ配信
12月28日 「参考情報」に、茨城県内の市民らが、2018年12月25日、原子力規制委員会に不服審査請求を提出した 「審査請求書」 「審査請求の理由書」
12月27日 水戸市が千葉県内6市と避難協定を締結したことに伴い、「東海第二原発 避難先自治体との協定締結及び広域避難計画策定状況」「避難先 市町村別受入人数一覧」を更新
12月17日 「net情報」に、原発耕論/原子力市民委員会とデモクラシータイムスのコラボ番組 第1回 最近の原発事情(2018年11月20日収録) 日本の原発総まくり/東海第二の大問題/原子力賠償法 出演:鈴木耕(ライター・編集者)、後藤政志、菅波完(原子力市民委員会) ・動画  先頭から東海第二の部分から
11月30日 「原告書面」に、準備書面2点追加/(68)津波漂流物による危険についての想定が不十分 準備書面、(67)東海第二原発の基準地震動策定は過小評価である 準備書面
11月18日 「net情報」に、免震装置に重大な欠陥が明らかに 東海第二に耐震性なし 脱原発・東電株主運動
11月8日 原発いらない茨城アクション実行委員会と64団体の連名による、原子力規制委員会にたいする「東海第二原発の『運転期間延長』の認可に対する抗議声明」日本原電に対する「東海第2原発の『運転期間延長』の認可に抗議し、再稼働に反対する申入れ」
11月6日 スクープ!!東海第二原発は地震に耐えられない!! 市民が規制委の審査を分析・糾弾!~東海第二原発の再稼働審査を問う!/2018年10月25日/原子力規制委員会院内ヒアリング集会第4回
11月1日 水戸市が千葉県内6市と避難協定を締結したことに伴い、「東海第二原発 避難先自治体との協定締結及び広域避難計画策定状況」を更新
10月30日 「参考情報」に、10月25日、大石光伸東海第二原発運転差止訴訟原告団共同代表が、東電株主代表訴訟第43回口頭弁論後の学習会で講演 ⇒動画
10月28日 「net情報」に、【規制庁も原電も】東海第二のケーブルは大量の傷がついていた【把握せず】岩見浩造◆の福島原発事故研究ブログ
 新着履歴  

 東海第2原発運転差止訴訟原告団事務局
   〒302-0109 茨城県守谷市本町281 常総生協気付
    TEL:0297-48-4911/FAX:0297-45-6675
    E-mail:info●t2hairo.net (●は@に置き換えてください)